Start content

ごあいさつ

「分かりづらい消防設備業界に管理者は置いてけぼりになっている」


あるオーナー様からの、この言葉から私の改革はスタートしました。
徹底的にお客さま目線で物事を考えていく会社を作ろうと決めて、2019年9月に創立しました。
全国的にも火災は無くならず、毎年沢山の方が被害に遭っている状況です。
防災設備という火災時の消火する設備、警報して知らせる設備、避難する際の設備に携わっているのですが、
一番大切なのは火災を起こさない工夫、起こりにくい工夫、火災発生時の対応方法や判断を
しっかりプロの目線で伝えていくことが、弊社の使命だと思っています。

代表_携帯用
ご存知ですか

弊社は消防設備のメンテナンスや改修工事、消防防災機器を主として、業務に取り組んでいます。
6ヵ月に1回の機器点検と1年に1回の総合点検を行う必要がありますが、業務に取り組む中で法改正などにより、
クライアント様との認識のズレが生じている事があります。
クライアント様の「困った」を解決できるように従業員全員で日々知恵を出し合っています。

理解いただけるようしっかりとサポートいたします。

管理者様、オーナー様にしっかりと理解いただけるよう不明点等についてより細かくサポートいたします。また消防法改正等により、現場との情報の認識のずれをなくすよう丁寧に説明する事を心掛けております。

定期的な社内勉強会に取り組んでいます。

管理者様からの声「わかりづらい消防設備業界に管理者はおいてけぼりになっている…」という言葉をよく耳にします。弊社では、消防設備のプロフェッショナルとして社内勉強会を定期的に開催し、自己研鑽し続けております。

お客様からの声から生まれた研修制度。

管理者の方々と意見交換する機会を増やし、より消防設備の理解を深めていただけるよう保守点検時の研修制度を設けております。

事業内容について詳しく見る

PAGE TOP